生徒指導日誌

生徒指導部日誌

3年生対象交通安全教室実施

平成27年9月28日(月)に3年生対象の交通安全教室を行いました。講師としまして、春日部自動車教習所の竹村さん、勝田さん、安川さんをお招きしました。講演内容は、「自転車における道路交通法の改正について」、「将来取得する可能性のある運転免許について」のお話しをしていただきました。また、講演会の途中では、「目配りゲーム」を行いました。この講演会を通じて生徒の交通安全意識の向上ができました。また、運転免許の取得方法や心構えなどを勉強できました。
0

制服着こなし教室


平成27年4月16日(木)に本校体育館において『制服着こなし教室』を1年生対象に実施しました。本校の制服担当している株式会社トンボの土井さん、佐々木さんをお招きし、講演をしていただきました。1年生にとってはまだ着なれない制服姿です。この講演を通じ、制服の意義、フォーマルとカジュアルの違い、TPOに合わせた服装など、服装に関することを生徒参加型形式で学びました。生徒ひとりひとり、杉戸農業高校の自覚を持ってこれから制服を着用していきます。
0

交通安全教室


平成27年3月16日(月)に本校体育館において交通安全教室を実施しました。今回は杉戸警察交通課 荒木様 中澤様 を講師とし、自転車のマナーについて講演をしていただきました。本年度本校は自転車マナーアップ推進校として取り組んでまいりました。常日頃から交通安全に心がけながら取り組んでまいりました。しかしながら、いつどこで起こるか分からない事故。自転車も車両と同じ。ルールを知らなかったじゃ済まされない。今回もDVDを含め、自転車のルール五箇条をはじめ、事故例などを交えた講演でした。常に自転車に乗るときは気持ちを引き締めて乗車するようにします。
0

薬物乱用防止教室実施しました。

生徒指導部主催で、平成26年12月15日(月)本校体育館で薬物乱用教室を実施しました。今年は日本薬科大学教授の小林 賢先生を講師として、『薬学から見た薬物乱用防止』をテーマに講義して頂きました。最近、危険ドラックでのトラブルが多く聞かれます。薬物は身近なものでも使用方法を間違えれば乱用になり、取り返しのつかない状態に陥りやすい。薬物の怖さを再認識することができました。

0

非行防止教育が行われました(生徒指導部)

 本日は、生徒指導部主催で非行防止教育が行われました。今は、スマホの使用率が高校生の間で約80%を超えています。携帯電話を使用したトラブルも多数発生していることから、総務省関東通信局の方に講話をしていただきました。実際にトラブルとなるケースを交えて、スライドやビデオを使用して、現実的な講話をいただき、携帯電話(スマホ)の正しい使い方や自ら害する行為をしないこということを学びました。最後に、「送信するときは、もう一度考えること」

0

スケアードストレイト行われる(生徒指導部)

本日、有限会社スーパードライバーズによる「スケアードストレイト」を実施しました。この企画は、自転車運転マナーや交通事故防止のために、全国共済農業協同組合連合会の主催で行われました。スタントマンによる交通事故の再現によって、より現実的な事故を体験することができました。生徒達は、「スケアードストレイト」を体験したことで、自転車を乗るときには、交通ルールを守り安全に運転するという意識が高まったと思います。交通事故や迷惑運転は、自ら意識することが事故を回避し、回りに迷惑をかけないということです。


0

登校指導(4月)

平成26年4月14日(月)~18日(金)の5日間、登校指導が杉戸町町内の3箇所において行われました。特に、自転車での危険な通行、違反行為についての口頭注意、一時停止のある場所では一時停止をさせる指導をしました。生徒は交通安全についての意識もあり、しっかりと挨拶もできていました。1年間、事故なく元気に登校していきましょう。
0

制服着こなし教室

平成26年4月17日(木)のLHRにて、1年生を対象とした制服着こなし教室が行われました。同じ制服の着た者同士の連帯感を強め、自尊心や規律あるいは、忠誠心を高める効果を得ることを目的として、本校制服業者である株式会社トンボのデザイナーである武藤恵美様に講演をしていただきました。
 スライドを使用し、制服の意義を分かりやすく説明していただきました。フォーマルとカジュアル、TPO、きれいに制服を着るための黄金比率などいろいろな観点からのお話は興味深いものでした。
日常生活の中でこの教室で学んだことを実践していきましょう。
0

制服着こなしセミナーを行いました(生徒指導部)

   16日(火)株式会社トンボのデザイナーである宮野谷朋子様をお招きして、制服の着こなしセミナーを行いました。まず、制服の意義についてスライドを通して説明があり、次に、制服の着こなしについての実演を行いました。
  生徒は、制服の意味についてよく理解できたことと思います。このセミナーをきかっけに、生徒一人一人が杉農に対して自信と誇りを持って、きちんと着こなすことができるようになってほしいものです。


0
このページの訪問者
0 2 5 5 2 1