カウンタ
0 6 1 4 2 8
生物生産技術科

 

学科日誌

生物生産技術科

畑作物の学習(実験の様子) 生物生産技術科 作物専攻

出荷準備を終えた本校作物専攻の製品(マメ類とゴマ)(R2.11.26)

 

作物専攻では、広大な学校水田に水稲を作付して実践的に水稲栽培や販売を学んでいます。

また、実験水田でもち米を栽培し、基礎的な学習に利用しています。

 

そのほか、畑作物も多数取り扱っています。

製品の写真のとおり、アズキやササゲ、金ゴマなども生産しています。

コムギやソバも私たちが育てて調整し、製粉して製品に加工しています。

販売はしないものの、ジャガイモやサツマイモ、サトイモなどのイモ類や、

ラッカセイ、ダイズ、ニンニク、トウモロコシなども育てています。

 

水稲は大変重要な作物です。

日本の農業にとって、水稲は主役といっても過言ではないでしょう。

しかし、他の作物の重要度が低いわけではありません。

本校作物専攻では、できる限り多くの作物を学ぶことができるように、

多種類の生産を行っています。

 

以前、予定通りに生産できれば、お赤飯の自給率※1が100%であるとお伝えしました。

(※1杉戸農業高校作物専攻で生産した農産物を利用した場合)

今回、実際に本校で生産されたもち米とササゲ、アズキ、金ゴマを利用して、

お赤飯を蒸かしました。

 

利用したササゲ(上)とアズキ(下)(R2.11.26)

 ※ササゲのほうが色が濃く、小粒です。また、へその周りが黒いのがササゲです。

 ※アズキは俵型が顕著。大納言系統の品種のため、特に大きくまるっとしています。

 

煮汁に浸漬して着色しているの様子 ササゲ(左)とアズキ(右)、炊飯用(上)(R2.11.26)

 ※ササゲのほうが色が濃く、また黒に近い色をしています。

 ※アズキのほうは透き通った煮汁です。

 ※この煮汁は、いったんゆでこぼし、強火で20分間煮たものです。

 

蒸かす直前 ササゲで着色したもの(左)とアズキで着色したもの(右)(R2.11.27)

 ※ほんの少し、ササゲのほうが色が濃いのがわかります。

 

ササゲのお赤飯おにぎり(左)とアズキお赤飯おにぎり(右)(R2.11.27)

                   ※写真のため成型しました。実験は握らずに行っています

 

利用したゴマ塩の製造過程(ゴマの焙煎)(R2.11.26)

 ※金ゴマは大変香ばしいゴマです。金ゴマの香りは生徒に大人気でした。

 

今回は実験の1例としてお赤飯を利用しました。

(比較実験3種:うるちともちの違い、ササゲとアズキの違い、「炊く」と「蒸す」の違い)

通常であれば、自分たちが育てた農産物を使って行う、楽しい実験です。

また、栽培や調整などの苦労が報われる実験でもあります。

ただし、今年はコロナウイルス感染症予防の観点から、見た目や香り(におい)、

触覚(硬軟)、つやなどで比較を行いました。

 

いつの日か、通常通りの楽しい実験が行える状況にしたいものです。

 

担当:作物部門主任

 

0

そば粉ができました! 生物生産技術科 作物専攻

専攻生が製粉作業中のソバ。

白い、よい粉が挽けました。

 玄ソバから外皮を外して、選別して外皮を取り除いた結果、白いそば粉になりました!

 

玄ソバをそのまま粉にしたものを「挽きぐるみ」と呼ぶそうです。

(※挽きぐるみは地域により呼び名や条件が変わるそうです)

挽きぐるみの野趣あふれる感じもよいですが、今回は使い勝手の良いそば粉に仕上げることができたようです。

 

また、玄ソバから外した外皮(そば殻)を再選別しています。

(R2.11.19)

選別した外皮は水洗し、乾燥させています。

ソバ殻製品(まくらなど)の利用についても検討中です。

 

霜が降りると、サトイモが傷んでしまいます。

サトイモの取入れも終えることができいました。

(R2.11.17)

 

 

担当:作物部門主任

 

0

サツマイモによる品種の学習 生物生産技術科 作物専攻

 カラフルな生のサツマイモ(R2.11.19)

 

作物専攻で育てているサツマイモを題材に、品種について学びました。

加熱(蒸)済のサツマイモ(R2.11.19)

 

上写真2枚の皮の色(赤・桃・白)、肉の色(黄、紫、橙)…これは全て品種特性によるものです。

 

品種とは生物の分類方法の1つです。

同一種の栽培植物で、形態や性質の変異が遺伝的に分離・固定されたもののことを品種と呼びます。

生物の分類における種の下位の単位です。

 

サツマイモは、表皮が赤く、肉が黄色なのが一般的です。

これは、収量や食味、外観の良さなどの特性を「人間が作為的に選抜した」結果です。

 我々の祖先が農業を始めて以来、今日に至るまで「よりよいもの」を求めて作物を選抜し、固定化してきました。

(人為的に特性をもとに選抜し、固定化する作業を品種改良と言います。)

 

品種に出現する特性は、その作物が持つ遺伝子によって決定します。

そのため、ヒトにとって都合のよい特性を作物に出現させるために、良い特性を持った父本と母本を交配します。

そして生まれた新たな子孫を育て、良い特性が出るか確かめます。

良い特性が出れば、その特性を固定できるまで改良を続けます。

 

とても大きな実がなる、とても甘い実がなる、色が良い、形がきれいという特性は素敵です。

しかし、ヒトにとって都合のよい特性を持つ作物(品種)を開発するのは、大変です。

 

一説によれば、品種改良は10年仕事といいます。

イネの場合、交配して固定するだけでも、短縮された方法でも最低3年程度必要です。

また、交配して得た種のうち、品種として成立するのは数万分の一あればいい方だそうです。

それだけ労力が必要な作業なのです。

 

ただし、良い品種1つだけになってしまうと、病害虫等への脆弱性によるリスクがあります。

更に、「良い品種」には「よい父本と母本」が必要です。

そのため、豊富な遺伝子を保持するほうが得策です。

 

そのため、古い品種を保管する取り組みや、原産地や原生地の原種や野生種と交配する取り組みが行われています。

 

写真の「見てきれいなサツマイモ」は、ただのサツマイモではありません。

おいしいサツマイモの品種が生まれるために、大変重要な遺伝子の多様性を示すものなのです。

 

ところで、埼玉県には、古くから育てられているサツマイモの品種があります。

(R2.11.7 左より「太白(太白)」・「おいらん」・「紅赤(べにあか)」)

 太  白:肉は白く、粘質できめが細かい。蒸しイモに向く。生産者の自家用として広く栽培された。

 おいらん:白い肉の中に桃色から紫の斑が入る。蒸しイモに向く。加熱すると香気がある。

 紅  赤:肉は黄色く、大変粉質。かつての埼玉県の主力品種。販売用として作られたが生産が難しい。

      関東地方で金時(きんとき)と呼んでいたイモは紅赤です。※現在の金時は高系の流れをくむ品種。

 

以上の3品種は第2次世界大戦前後に有名であった品種です。

現在のサツマイモに比べると、収穫量がやや少なく、甘みがさっぱりしています。

しかし、蒸した際の香りや肉質が大変良いものです。

 

ことに、紅赤は埼玉県で発見されたサツマイモの品種です。

発見地のさいたま市(旧浦和市木崎付近)では品種の保存を行っています。

また、肉質の良さや根強いファンがいることから三芳町の三冨地区や川越市付近では現在でも生産され続けています。

洋和菓子や焼酎などに加工され、地域の目玉として利活用されています。

 来年は、この3品種の生産にも取り組みたいと考えています。

 

サツマイモは寒さが苦手!

本校では来年の種イモを写真のように保管しています。

 

担当:作物部門主任

 

0

私たちが育てたソバを製粉しています! 生物生産技術科 作物専攻

このところ、朝晩が寒くなってきました。

(R2.11.2本校本田わらロール回収中)

 

熱帯生まれのサツマイモは寒さが苦手です。

サツマイモの冬ぐされ(寒さによる傷み)防止のため、冬囲いを終えました。

(写真はR1の様子)

   

現在、3年作物専攻生がソバの調整を進めています。

(R2.10.22)

 

 ソバは8月に播種し、10月19日から1週間、各種授業で収穫しました。

順次、乾燥・調整を進め、ソバ粉に加工しています。

 

まず、乾燥した子実を循環型精米機で磨き、ガクや微細な汚れを取り除きます。

この作業を終えると、実の表面がつるつる、ピカピカになります。

(R2.11.12 上:循環型精米機による磨き作業 中:磨き前の乾燥済の玄ソバ 下:磨き終えた玄ソバ)

 

 その後、製粉機で「わざと荒く」挽きます。

これは、後の工程で外皮(そば殻)を取り除くためです。

外皮が少なければ少ないほど、白いソバ粉に仕上がります。

(R2.11.12)

  

製粉機の後は細かなふるいで、そば粉と外皮とむき実が混合したものを分けます。

ふるったそば粉も利用できます。

(R2.11.12)

 

次に粗いふるいで外皮を取り除きます。

この作業で大方の外皮(そば殻)を取り除くことができます。

そば殻とむき実を分けるのにちょうどよい網目の笊があって、大助かりです!

(R2.11.12)

 

ふるいでは外皮をすべて取り除けません。そのため、風を当て、外皮を吹き飛ばします。

(R2.11.12 左:風を当て外皮を飛ばしてむき実にしている様子 右:選別されて大量に集まるそば殻)

 ※唐箕で風選したいところでしたが、機械式で試したところすべて吹き飛んでしまい、この手順に落ち着きました。

 

むき実のソバは、粒が大きく、ソバ粉としてはまだ利用できません。

このソバは改めて製粉機で粉にします。

・・・外皮を少なくすることで、白いそば粉を挽くことができます。

そのため、写真のそばを使えば、かなり白いソバ粉が出来上がる予定です!!!

 

目指せ、杉農産100%の手打ちソバ!

年越しソバも、ぜひこの粉で打ちたいものです。

 

ソバは毎年育てている作物ではありません。

今年は残念ながら杉農祭や即売会が中止のため、畑が開いていて急遽作付をした作物です。

コロナウイルス感染症で大変な状況ですが、貴重なソバを学ぶことができました。

作物専攻生は日々がんばっています!

 

生物生産技術科2年生や3年選択授業作物受講生には、アズキの収穫をお願いしています。

今年のアズキは良い出来ですが、やや色合いが淡いようです。

(R2.11.11 完熟したさやから収穫する「さや取り」の様子)

 

コムギも製粉し、袋詰めの真っ最中。生徒の頑張りのおかげで、たくさん用意できました。

 

 

畑に施用する稲わら堆肥の製作の為、トラクタでわらを集めることも回収することも重要な実習です。

この実習時は、40ロール程度を集めました。

 

(R2.10.28 本校本田 左:ロールベーラによるわら収集 右:わらロール運搬)

 

冬に向け、畑の作物は少なくなりますが、たくさんの作業に取り組み、実践的に作物を学びます。

 

担当:作物部門主任

 

0

サツマイモを収穫しています! 生物生産技術科 作物専攻

秋晴れの杉農圃場です。(R2.10.21) 

 

本日、生物生産技術科2年生がサツマイモの収穫をしました。

サツマイモはヒルガオ科の作物で、アメリカ大陸の熱帯地域原産です。

暑さに強い反面、寒さにはめっぽう弱い特徴があります。

収穫は霜が降りる前に行うほうが無難です。

 

昨日までに、つる刈りとマルチの除去を行ってあります。(R2.10.20)

 収穫は、トラクタと振動掘取機で行います。

収穫の時に皮がむけたり、傷がついたりすると、カビや腐りの原因になります。

そのため、機械でていねいに堀上げます。

 

堀上げたサツマイモは、株をばらして収穫かごにおさめ、2週間程度陰干しします。

2週間ほどで呼吸熱の発生が収まり、出荷・販売できる状態になります。

 

しかし、作物専攻ではおいしいサツマイモの流通を目指し、1か月以上サツマイモを保管してから販売します。

これは、貯蔵するほどサツマイモ内部の酵素の働きで甘さが増すためです。

貯蔵する際は呼吸熱を飛ばしたのち、10℃を下回らないようにします。

今年は30かご分収穫しました。通常より収量は低めです。

 今年は、梅雨時期の長雨と8月の日照りの影響で残念ながらよいイモが少ない状態です。

 作物専攻では、一般的なベニハルカに加え、安納芋や紫イモ、オレンジ色のイモなども栽培しています。

上写真は白い皮のサツマイモです。

複数品種の栽培により、品種による違いも学習しています。

 

園芸科野菜部門に作業機をお借りして実施しました。御協力に感謝します。

 

担当:作物部門主任

 

 

 

0

ソバの収穫を始めました! 生物生産技術科 作物専攻

令和2年10月20日 3年作物専攻生がソバの収穫を始めました。

このソバの品種は常陸秋ソバです。写真上は令和2年10月12日の様子です。

このソバは夏の盛りに播種して秋に収穫する「秋ソバ」に分類されます。

 

本日のソバの様子です。かなり黄化が進んでいますが、収穫適期より少し早めです。

今回は刈入や調整の段取りの確認もかねて実施しました。

 

大規模なソバの経営では、普通型コンバインなどを利用して収穫をするそうです。

残念ながらわが校に普通型コンバインはありません!人海戦術で頑張ります!

 

まず、かまで根元を刈り取ります。

この後の脱穀時に土砂(特に小石)の混入を防ぐため、根を切り離します。

 

一束刈り取ったら、その都度脱穀します。

今回は収穫かごに打ち付けるスタイルで脱穀しました。

 

ソバは大変脱粒しやすい作物です。

完熟すると、すぐ実が外れてしまう性質を持っています。

しかし、本日は完熟前のため、脱粒しやすさは感じませんでした。

 

実だけになるとよいのですが、脱穀した時にどうしても葉や茎が混ざります。

そのため、一度集めてふるい、粗大物を取り除きました。

 

その後、唐箕で風選したものが以下の写真です。

 

このソバはもみ袋にいれて、食品流通科のパイプハウスにて自然乾燥中しています。

(食品流通科にも御協力いただいています)

今後の収穫や、ソバへの加工が楽しみです。

担当:作物部門主任

 

0

コメの農産物検査を受検しました! 生物生産技術科 作物専攻

令和2年10月17日に農産物検査を受検しました。

農産物検査は農産物検査法に基づいて実施される品位検査です。

本検査を受検したコメは、品種や生産年、生産地、生産者を表示することができます。

以上の理由から「新米」と表記することも、農産物検査を受検しないといけません。

 

埼玉みずほ農業協同組合の農産物検査官の方より、

農産物検査ならびにコメの品位判定を御教授いただきました。

 

 今回の農産物検査や品位の判定は、生物生産技術科3年作物専攻生の総合実習で実施しました。

 

 

農産物検査に係る学習は毎年、埼玉みずほ農業協同組合様に御協力を賜っております。

誠にありがとうございます。

検査済みの一部のお米は埼玉みずほ農業協同組合様へ出荷いたしました。

 

0

1年生・2年生がもち米を収穫しました! 生物生産技術科 作物専攻

稲刈り日和の令和2年10月2日(金)にもち米を収穫しました。

このもち米は生物生産技術科と生活技術科1年生が農業と環境の一環で栽培しています。

また、生物生産技術科2年生と2年生作物選択者も栽培に携わっています。

 

授業で利用する調査株を刈り取ったのち、脱穀作業も行いました。

 農業と環境では基本として、手作業で水稲栽培を学びます。

コンバインで収穫すれば安全に早く作業ができます。

しかし、あえて脱穀機を利用することで、実際の脱穀方法や機械の構造を学習しています。

2年次以降の専攻学習では、機械化体系の効率的な栽培を実践的に学んでいます。

 

 

このもち米は「喜寿糯」という品種です。

ひと粒が大きいもち米で、おこわにすると見栄えがよく仕上がります。

また、餅にすると強いコシがあって、おかきに加工すればよく膨らんで美味です。

 

手刈りした残りは、コンバインで収穫しました。

収穫したもみは、乾燥させて、籾摺りして玄米にします。

 

令和2年10月5日(月) 生物生産技術科1年生が先週収穫したもち米を籾摺りしました。

 

籾摺りと製品袋詰めの解説風景(R2.10.5)

 

出荷を待つ製品(R2.10.5)

 

本校では、作業を安全に行える環境整備に努めています。

段差にスロープを設置することや注意喚起の看板を設置しています。

また、製品(30.5kg/1袋)をパレットに積載するための補助機を使用しています。

  

カンタンハンドによる製品のパレット積載作業(R2.10.5)

 

農業、とくに作物では「作業がきつい!」というイメージもあります。

しかし、我々の作物専攻は「きつすぎる!」ことはないと思います。

 

本年の稲刈りと籾摺りはすべて終了しました。

来年の水稲作付けに向けて準備を進めてまいります。

今後は、サツマイモやサトイモ、アズキ、コムギの栽培や管理、収穫を行う予定です。

10月10日(土)体験入学の準備(サツマイモ試し掘り)

 

ソバ畑の様子

農業は自然を利用する産業です。未来永劫、農業生産が行えるように努力いたします。

 

0

稲刈りもあと少しで終了です! 生物生産技術科 作物専攻

秋晴れの機械化水田です。

(R2.9.10 機械化水田4号田50aコシヒカリの刈取り)

 

順調に稲刈りを行い、本日、彩のきずなと彩のかがやきをすべて刈取りました。

この2品種は、埼玉県が作出した水稲品種です。

耐病性や収量の多さもさることながら、良食味が特徴です。

杉戸農業高校作物専攻では、3品種のうるち米を育てています。

稲刈りは、成熟次第、早生のコシヒカリを筆頭にリレー式で行っています。

現在まで、252aの稲刈りを終えました。残りは、水稲糯の『喜寿糯』25aのみです。

 

 

機械化水田3号田・彩のかがやきの生育姿(R.2.9.18)

 

彩のかがやき(R.2.9.18)

 

籾摺りを終え、出荷を待つ彩のきずな玄米(R2.9.17)

 

 日本のコメの流通は玄米が基本です(販売時は精米が中心)。

この1袋には、皆掛重量で30.5kgの玄米が詰められています。

パレット1山は100袋(3.05t)です。

今年は、夏の後半の強い日差しが作用し、収穫量が多く、品質も高くなりました。

 

現在のソバ畑の様子です。

(R2.9.17)

乾燥が続いた後に、大雨が降ったため、草高が伸びすぎの傾向にあります。

この日は、作物の授業の一環で2年1組40名がソバを学びました。

 

稲刈りの合間を縫って、金ゴマの調整を行っています。

ゴマの脱穀風景です。(R2.9.3)

埼玉県では、古くから金ゴマを利用する文化がありました。

近年は、白ゴマや黒ゴマの利用が普遍的ですが、

「金ゴマのよい香りがたまらない!」という声もあります。

 

今年、ササゲと金ゴマを栽培し収穫を終えています。

今後、もち米を収穫すると、本校作物専攻では、

「お赤飯自給率100%」を達成いたします。

  ※赤飯(もち米・ササゲ)、ゴマ塩(金ゴマ)

また、現在栽培中のアズキを収穫すれば、

「饅頭自給率もほぼ100%」を達成いたします。

  ※タンサン饅頭(餡は粒あん)として、小麦粉の原料も収穫済みのため。

   ただし、砂糖については生産がない。

  ※同様に埼玉の郷土グルメ

「いが饅頭自給率もほぼ100%」

            を達成いたします。

 

本日も良い天気のなか、無事作業を終えることができました。

 

 

0

コシヒカリの稲刈りが始まりました 生物生産技術科 作物専攻

 

今年も収穫の秋がやってきました!

本校で最も収穫の早いコシヒカリの刈取を行っています。

 

刈取前日、準備を行いました。

 

(R2.9.3)

 トラックにグレンコンテナを積載しています。

こうした準備を含めて、全てが農業の学びです。

 

翌日、広大な機械化水田(通称:本田)にて、稲刈りを行いました。

(R2.9.4)

 稲刈りは、作物専攻生の2年生と3年生が担当します。

コンバインの運転や操作を含む、刈取りのすべてを実践形式で学びつつ、刈取りを行います。

(R2.9.4)

 運転・操作を学んだ後は、ひとりで刈取りを行います。 

今回、刈取りの様子を杉戸町役場の方に取材に来ていただきました。

写真撮影やドローン(写真中央を飛ぶ黒い物体)による空撮の様子です。

 

今年は長梅雨の影響を心配していましたが、もみも大きく、数も上々のため豊作が期待できそうです。

(R2.9.4)

 コンバインで刈り取って、脱穀したもみは、グレンコンテナに積載し、乾燥機へ張り込みます。

(R2.9.4)

 一晩乾燥させたのちに、籾摺りを行って玄米に調整します。

今後、籾摺りと刈取りを交互に続けて、収穫を進めます。

 

このところ、激しい降雨が断続的に続きますが、土寄せをしていたソバは倒れず元気です。

 

(R2.9.5)

 

 

 

0