カテゴリ:授業紹介(生活技術科)

授業紹介「生活技術科『総合実習(2年生)』」(ブログ「知ろう『杉農』!」より)

生活技術科の「総合実習」は、果樹・フラワーデザイン・飼育の3つを学習します。

「果樹」・「フラワーデザイン」は園芸科、「飼育」は生物生産技術科の内容です。

生活技術科の特徴として、他学科の内容も学べることが挙げられます。

つまり、幅広い分野を学習できるということです。

 

今回は、その中でも「フラワーデザイン」の実習を紹介します。

この日の実習では、コサージュを製作していました。

   

茎にテープを巻き、葉っぱに針金を通して、茎と葉をくっつけ固定し、花とリボンをつけて完成です。

葉は特にやわらかいので、細いワイヤーを挿す際には葉が裂けてしまったりと難しい作業で、とても慎重になります。

 

式典等で身につけるコサージュが、こんなにも手間暇かけて作られていると思うと、感慨深いものがあります。

生徒たちは1つ1つ丁寧にコサージュを作り上げていました。

 

生活技術科の生徒たちと先生方は、育てた野菜や植物をいかにして活用するかを常に考えます。

ただ育てるだけでなく、それらを加工したり、調理したりと実際に活用するところまで学びます。

 

育て方、加工方法、調理方法などの知識を身につけ、それを技術として応用する、それが「杉農」です。

 

生活技術科について、もっと知りたい方は生活技術科HPをご覧ください。

【生活技術科HPはこちらから】