園芸科日誌

安心・安全な農場を目指して!!GLBALG.A.P.の取り組み③ (園芸科)

GLBALG.A.P.の取り組みを紹介したします。

 

 今回はゾーニングです。

 

 今回、GLBALG.A.P.の取り組みでは野菜3号温室、野菜作業室をキュウリ栽培に関わる施設として申請しました。

 野菜3号温室は昨年に建て替えられた施設ですので、建物に問題はないのですが、野菜作業室には多くの改善点が・・・

 

 野菜作業室はひとつの建物で、資材置場、機械置場、野菜の調整室を兼ねています。GAPでは調整室の基準が厳しく(口に入るものですので当然ですが…)調整作業を行うときに、資材、機械との交差がないようにしなければなりません。そこで次のようにゾーニングをしました。

 

作業室ゾーニング.xlsx

 

 野菜機械室(農薬保管庫含む)と調整室はパーテーションで完全に区切り、資材室と調整室は物理上で区切るのは難しいので、時間的な交差をしないように工夫しました。

 機械、資材、ぐちゃぐちゃの状態でした・・・

 

  パーテーションで区切り・・・

 

 機械室が完成しました。ここに工具類もまとめ、機械整備が快適に行えます。

 

 資材もまとめ、シートでほこりなどの防止を行いました。