学科日誌

研究者来校(生物生産工学科)

1月18日(月)に、未来の職業人材育成事業として、理化学研究所 専任研究員の植木雅志先生をお招きして、生物生産工学科2年生を対象とした講演と観察実習をしていただきました。

 

内容は、感染症の歴史や放線菌についての専門的な解説です。

 

放線菌は、生物生産工学科にとっても、実際に授業で実験に使用したり、農業クラブのプロジェクト発表で研究した大変なじみのある菌となっています。

 

これまでも数々の抗生物質を作り出し、人類に大変有益な微生物の1つです。

 

講演を聞いた生徒も、頂いた袋に入っている放線菌が培養されたシャーレのにおいを嗅いだり、ただ見るだけではなく色々な角度から観察していました。