授業紹介「造園科『総合実習(2年生)』」(ブログ「知ろう『杉農』!」より)

今回は、造園科の「総合実習」を紹介します。

造園科では、2年次から造園技術・造園計画・測量の3つの専攻に分かれて学習を行います。

造園技術は庭造りの技術を、計画ではレタリングやトレース、透視図などのデザイン図法を、測量はその名のとおりさまざまな測量技術を専門的に学びます。

この日は、造園計画専攻生が「一点透視図」の演習を行っていました。

  

1線1線、丁寧かつ慎重に取り組んでいました。

庭を造るには、設計図を作成する、またそれを読み取るための知識と技術も必要です。

さまざまな技法を学ぶことで、造園に関わる知識と技術を身につけています。

 

造園科の生徒と生徒たちは、こだわりと熱い思いを込めて庭造りに取り組んでいます。

 

造園科について、もっと知りたい方は造園科HPをご覧ください。

【造園科のHPはこちらから】