2021年12月の記事一覧

年末恒例「門松の制作」(ブログ『知ろう!杉農』より)

12月23日(木)、本校造園科の生徒たちが制作した門松1対が杉戸町役場の玄関に飾られました。

 

造園科では、伝統文化の継承を目的として年末恒例の取組みとして毎年制作しています。

 

放課後や休日を活用して4日間かけて作り上げました。

 

本校が制作した門松は竹を斜めに切り落とした「そぎ型」と呼ばれる形状です。

 

今年も、この門松の取組みが取材、報道されました。

 

 

これからも伝統文化の継承、そして地域との連携を続けていきたいと思います。

 

この門松は杉戸町役場のほかに、東武動物公園駅の改札にも飾られています。

 

お立ち寄りの際は、ぜひご覧ください。

 

門松の取組みについては、こちらもご覧ください。

【門松の取組み】

 

造園科について、知りたい方は学科HPをご覧ください。

【造園科HP】

 

 今こそ、杉農!

球技大会 実施しました(ブログ『知ろう!杉農』より)

12月21日(火)、22日(水)体育祭を実施しました。

 

冬至の寒さも吹き飛ばすほどの勢いで、バスケットボール・サッカー・卓球と3種目の競技に挑みました!

 

  

☆優勝クラス☆

 

【バスケットボール】男子 3年1組(生物生産技術科)  女子 1年4組(食品流通科)

 

【サッカー】男子 3年5組(生物生産工学科)  女子 3年2組(園芸科)

 

【卓球】1年2組(園芸科)

 

おめでとうございます♪

 

特に決勝戦では、学年・学科の枠も超えて、白熱した応援が体育館やグラウンドに響きわたっていました!!!

 

 

年内最後の行事、元気いっぱいに楽しみました。

販売会 in 流灯ふれあい館 見てきました(ブログ『知ろう!杉農』より)

12月21日(火)、杉戸町流灯ふれあい館前で販売会を実施していました。

 

野菜、草花、お米、焼き菓子、パン、門松など本校で生産・製造した商品を販売していました。

 

 

杉戸町観光協会のHPでも御案内していただいたこともあり、多くのお客様にお越しいただきました。

 

これまでもイオンやララ・ガーデンなどの販売店でのイベントに参加し、さまざまな生産物を販売してきました。

 

本校で生産・製造したものを多くの方々にお買い求めいただける機会があることは、本当に嬉しい限りです。

 

これからも買っていただけるお客様を思いながら、授業・実習を通して生徒とともにより良いものを作っていきます。

 

 今こそ、杉農!

3学年「マナー講習会」(ブログ『知ろう!杉農』より)

12月16日(木)、3学年を対象に「マナー講習会」を実施しました。

 

今回の「マナー講習会」は3年間の進路指導計画に基づいた進路活動の締めくくりにあたる進路ガイダンスです。

 

就職希望者も進学希望者も、ほぼ全員の生徒の進路先が決まりました。

 

就職してから求められる社会人としてのマナー。

 

挨拶・返事・敬語の基本から電話応対、名刺交換の流れ・マナー、上座下座について、タクシーでの座席の位置やエレベーターで立つ位置まで講師の方から御説明いただきました。

 

 

3年生の皆さんには、入社する前に社会人としての基本を身につけ、社会で大いに活躍する人材になることを願っています。

 

杉農では、高校生としてだけでなく、その後のキャリアを見据えた計画的な進路指導に取り組んでいます。

 

~プロジェクト学習法を用いた授業で、体験的・実戦的に学ぶ杉農~

 

~農業を通して、協調性・社会性を育み、豊かな人間性を磨く杉農~

 

今こそ、杉農!

スケアード・ストレイト実施しました(ブログ『知ろう!杉農』より)

12月15日(水)、スケアード・ストレイトを実施しました。

スケアード・ストレイト(Scared Straight)とは、「恐怖を直視させる」という意味で、スタントマンが交通事故を再現することにより交通事故の衝撃や恐怖を実感させ、交通ルールの必要性について考えることを目的としています。

 

はじめに、杉戸警察署の方から交通安全、県内の交通事故発生状況、その内の自転車事故の割合などを説明していただきました。

 

その後、スタントマンの方々によりさまざまな交通事故が再現されました。

①見通しの悪い交差点での自転車どうしの事故

 

②見通しの悪い交差点での自転車と自動車の事故

 

③横断歩道での自動車後方から走ってくる自転車と横断者の事故

 

④駐車中の車から降りてくる人と後方から走ってくる自転車の事故

 

⑤左折する大型トラックと自転車の巻き込み事故

 

以上のような事故が、よく起こる事故として再現されました。

 

実際に見学すると、その衝撃の大きさに驚かされます。

 

自動車でも、自転車でも、歩行者でも、『何か起こるかもしれない』と想定し、常に先を見越した行動を心がけなければならないと感じました。

 

生徒たちには、今回「恐怖を直視」して、さらに自転車の乗り方や交通マナーに気をつけてもらいたいと思います。

 

最後に、今回スケアード・ストレイトに御協力いただいたスタントマンの方々に感謝申し上げます。

「令和4年度生徒募集要項」掲載しました(ブログ『知ろう!杉農』より)

12月に入り、一段と寒さが増してきました。

 

杉農も美しく色づいていた葉も落ち葉となり、冬を感じます。

 

さて、中学3年生の皆さんにとっては入試が近づき、志望校も決まりつつあると思います。

 

杉戸農業高校を志望校と考えてくれている方々がいてくれると嬉しい限りです。

 

今回は、杉農を志望校として、また志望校の1つの候補として考えていただいている方々に「生徒募集要項」について御案内します。

 

生徒募集要項とは、募集人員や募集学科、出願手続方法など入試の募集に関わる情報を掲載したものです。

 生徒募集要項

 

「生徒募集要項」は下記リンクからも御確認いただけます。

【令和4年度生徒募集要項】

 

また、杉農では1月22日(土)に進路相談会を予定しています。

 

どの学科にしようかと決めかねている方、杉農もまだ選択肢の1つとして考えている方もぜひお越しください。

 

 

~プロジェクト学習法を用いた授業で、体験的・実戦的に学ぶ杉農~

 

~農業を通して、協調性・社会性を育み、豊かな人間性を磨く杉農~

 

 今こそ、杉農!

GLOBAL G.A.P. 公開審査見てきました(ブログ『知ろう!杉農』より)

11月30日(火)、本校が認証を目指している園芸科野菜部門のキュウリ・生物生産工学科微生物部門シイタケのGLOBAL G.A.P. 認証に関わる公開審査が行われました。

 

審査項目は200以上に及びます。

 

それらに対応するべく学科の生徒・教員が日々準備を進めてきました。

 

今回の審査でも、審査に関わるすべての説明を生徒が行なっていました。

 

 

認証を得るための準備、管理、収穫、販売、そして審査まで一貫して携わり、無事認証が取得できたときの達成感は忘れられないものとなるでしょう。

 

 

農業高校で農業に関わる認証取得に携わり、農作物生産の魅力に触れることも杉農だからこそできる学びです。

 

 

~プロジェクト学習法を用いた授業で、体験的・実戦的に学ぶ杉農~

 

~農業を通して、協調性・社会性を育み、豊かな人間性を磨く杉農~

 

今こそ、杉農!